お部屋の収納をガラリと変えることができる、すごい収納家具。

それが収納付きベッドです。

いまや通販でも大人気の収納付きベッドがたくさん存在しています。

整理収納アドバイザーをしている私は、収納スペースがないと悩んでいる方には、収納付きベッドの使用をおすすめすることもよくあります。

でも、「どんな収納付きベッドを選べばいいんだろう…」という声もあります。

そこで今回は、そんな方のために収納付きベッドの選び方やメリット・デメリットを解説したあと、いま大人気のおすすめの収納付きベッドについて厳選してみたので、それらを一挙にご紹介します!

収納付きベッドのサイズ:シングル・ダブル・セミダブル・クイーン・キング


まず、収納付きかどうかにかぎらず、ベッドにはだいたいのサイズの分類があります。

正確な数字は製造メーカーによって違いがありますが、だいたいの基準をご紹介しますね。

サイズ分類は、横幅で分類されていて、下記のようになっています。

セミシングル:幅が80センチくらい
シングル  :幅が100センチくらい
セミダブル :幅が120センチくらい
ダブル   :幅が140センチくらい
クイーン  :幅が160センチくらい
キング   :幅が200センチくらい

とくに収納ベッドで人気のサイズは、シングル、セミダブル、ダブルが多いです。

ただし、注意点があります。セミダブルは、ダブルという名前がついてはいますが、2人用としては小さいと感じるひとが多いです。

セミダブルは、ゆったりと1人で使いたい場合におすすめのサイズで、シングルよりもやや大きめのサイズです。

ダブルは2人で使えるサイズです。2人でもゆったり寝たいというかたは、クイーン以上を選ぶのがよいでしょう。

あと、クイーンサイズやキングサイズ単体で売っていることは少ないです。セミシングルを2つ並べてクイーンサイズにし、シングルサイズを2つ並べてキングサイズにすることが多いです。

収納付きベッドのメリット・デメリット


収納付きベッドのメリットは、もちろん収納スペースの有効活用ですね。

でも、デメリットもあります。それは、湿気にはすこし注意したほうがよいという点です。

ベッドで私たちが寝ているとき、しらずしらずのうちに、たくさんの汗をかきます。そうすると、ベッドやマットレスなどは、湿気が多めの環境になります。

布団やマットレスだけでなく、収納する空間にも湿気はとどきます。ですので、収納スペースのなかの湿気をとってあげるのが大切です。

湿気取り用のシートをマットレスと床板のあいだに入れておくのも、よい対策になります。収納スペースには、除湿剤を入れておくとよいでしょう。

ほかにも、窓を開けたり換気扇を使ったりしてお部屋の空気を日々入れ替えるようにし、お部屋のスペースに余裕があれば除湿機をお部屋に置いておくのもおすすめです。

こうして湿気の対策をしっかりしておけば、カビなどの心配もないので安心です。

収納付きベッドには引き出しタイプと跳ね上げタイプがある


収納付きベッドには、主なものとして、大きく分けて2つのタイプがあります。

それは、引き出しタイプ跳ね上げタイプです。

引き出しタイプは、ベッドの下に引き出しが付いているタイプで、タンスのような感覚で収納ができます。

跳ね上げタイプは、ベッドのマット部分が上にオープンするタイプです。車のトランクを開けるような感覚です。

引き出しタイプのメリット・デメリット

引き出しタイプのデメリットとしては、収納したものを出すときに引き出しを開けますので、そのスペースがいることです。

メリットとしては、シンプルな構造ですので、お値段はお手ごろになります。また、収納の引き出しは小分けになっている場合が多いですので、衣類や寝具類など小分けにしながら収納できるのもメリットです。

逆をいうと、ゴルフバッグのような長い物はいれづらくなりますが、引き出しの反対側に長物を入れられるタイプのものもあります。長物を入れたいかたは、そういう引き出しタイプを選ぶとよいと思います。

跳ね上げタイプのメリット・デメリット

跳ね上げタイプのデメリットとしては、ガス圧方式などの特殊なつくりになっていますので、お値段が引き出しタイプよりもやや高くなることです。同じくらいのスペックなら、引き出しタイプよりも3万円くらいは高くなるかなという印象です。

ですが、収納力はそのぶんバツグンです。ベッド下のスペースをものすごく有効活用できます。

何年も使うものですし、余分な収納家具が不要になることも考えれば、跳ね上げタイプにするのもお得な買い方です。

あと、ベッドを2つ並べて使う場合は、荷物の取り出しやすさの点では、跳ね上げタイプがおすすめかなとも思います。

多くが組み立て式


収納ベッドは組み立て式のものが多いです。つまり、家具のパーツを受け取って、自分でベッドに組み立てます。

組み立てるのがちょっと面倒というデメリットはありますが、組み立て式の場合、パーツを分けて搬入しますので、お部屋に入れられないという心配がないです。

また、お値段もそのぶんかなり安くなります

組み立ては2人でやればラクですが、女性ひとりでも「カンタンでした!」という声も口コミでけっこう見られます。ですので、初めての方でも、それほど心配する必要はありません。家具の組み立てを一度したことがある方なら、大丈夫と思います。

ただ、ドライバーは用意しておいてくださいね。

ショップにもよりますし、ものにもよるんですが、組み立てを有料オプションでやってもらえる場合もないわけではありません。ただ、基本は組み立てるものと思っておいたほうがよいかなと思います。

おすすめの収納付きベッド

お手ごろで使い勝手バツグン!引き出し収納付きベッド「Alloys」

Alloys(アロイス)引出し付ベッド

通販家具ショップ「家具350」さんでいま大人気の、お手ごろ価格の引き出しタイプの収納付きベッドです。

ヘッドボードはフラップ扉付きの収納になっていて、ミニテーブルにもなります。照明やコンセントも、使いやすいところについています。

この収納ベッドの人気ポイントのひとつは、おしゃれな間接照明。心を癒してくれる優しい照明になっていますよ!

ベッドのフレームは、低ホルムアルデヒドになっていて、子供のいる家庭でも安心して使えます。

収納は、2つに分かれた引き出し収納と、間仕切り下収納になっています。

引き出しのほうには、衣類や小物、寝具、リネン類などを整理して収納しておくとよいでしょう。間仕切り下収納のほうには、ふだんあまり使わないものを収納しておくのがおすすめです。

引き出しにはキャスターがついていますので、女性でも安心して使えるベッドになっています。

カラーはホワイト、ダークブラウン、ナチュラル、ブラックが選べます。女性にも男性にも人気のデザインです。

シングル、セミダブル、ダブルのサイズがあります。

シングル  ⇒幅:101cm×奥行:215cm(※フレーム2分割式)×高さ:77cm
セミダブル ⇒幅:121cm×奥行:215cm(※フレーム2分割式)×高さ:77cm
ダブル   ⇒幅:141cm×奥行:215cm(※フレーム2分割式)×高さ:77cm

マットレスのありなしや種類で値段は変わりますが、マットレスなしでフレームだけなら、下記の値段になっていました。

シングル  ⇒19,800
セミダブル ⇒23,800
ダブル   ⇒27,800

マットレスもいっしょに購入すると、マットレスの種類にもよりますが、フレーム代に1万5千~2万をプラスしたくらいになります。

>>Alloysについて詳しくはこちら

引き出しサイズがいろいろで便利!引き出し収納付きベッド「Terra」

Terra 日本製五杯収納ベッド

こちらは五杯収納の大容量の引き出しタイプになっています。

その大きさ、なんと800リットルの大量収納庫になっています。衣類やリネン類はもちろんのこと、キャリーケース、ゴルフバッグなどのかさばる荷物も収納できます。長物のマット・ラグ類も余裕で収納できます。

大きめ、小さめ、深めに収納庫が分かれていますので、衣類・リネン類、かさばるバッグ類、タオルや小物類、というふうに分けて収納しやすくなっています。

サイズはシングル、セミダブル、ダブルがあります。ベッドを2個並べて使うこともできます。セミダブルを2個ならべるとクイーンサイズ相当になりますので、2人でひろびろ使えますね。

シングル  ⇒幅:97cm×奥行:207cm×高さ:71cm
セミダブル ⇒幅:119cm×奥行:207cm×高さ:71cm
ダブル   ⇒幅:139cm×奥行:207cm×高さ:71cm

ベッドフレームのみなら、下記の値段になっていました。

シングル  ⇒39,960
セミダブル ⇒48,384
ダブル   ⇒57,024

マットレスもいっしょに購入する場合には、これに1万5千~2万ほどプラスしたお値段になります。

カラーはホワイト、ブラウン、ナチュラルから選べます。

>>Terraについて詳しくはこちら

モダンデザインが優雅!引き出し収納付きベッド「Modellus」

Modellus 引出し・コンセント付きベッド

こちらの収納付きベッドは、つやのあるシックなベッドフレームになっていて、モダンなデザインが特徴です。

枕元を優しくほのかに照らしてくれるモダンなヘッドライトが、優雅なひとときを演出してくれます。ヘッドボードは機能的な収納ができるように設計されています。コンセントはもちろんのこと、便利な側面収納もついていて、本や時計など、お気に入りの小物を置いておくことができます。

寝るまえに読書をしたり、DVDを観たりする方にはおすすめのヘッドボードになっていますね。

収納庫は3杯になっているのも特徴のひとつです。こんなにおしゃれなのに、収納力もバツグンです。

引き出しはスライドレールがついていて、スムーズに開け閉めできます。引き出しの反対側も収納ができますし、もちろん引き出しを左右どちらでも好きなほうにつけられます。

シングル、セミダブル、ダブルのサイズになっています。

シングル  ⇒幅:98cm×奥行:214cm×高さ:77cm
セミダブル ⇒幅:121cm×奥行:214cm×高さ:77cm
ダブル   ⇒幅:141cm×奥行:214cm×高さ:77cm

ベッドフレームのみ購入する場合は、下記の値段になっていました。

シングル  ⇒39,960
セミダブル ⇒48,384
ダブル   ⇒57,024

マットレスもいっしょに購入する場合には、これに1万5千~2万ほどプラスしたお値段になります。

>>Modellusについて詳しくはこちら

大容量で頑丈!跳ね上げ収納付きベッド「Criteria」

Criteria 大容量跳ね上げベッド

こちらの収納付きベッドは、収納力とデザイン性をかねそなえた人気のベッドです。収納スペースの開け閉めは、ガス圧式での跳ね上げタイプなので、大容量の収納ができます。

余分な装飾がなく、シンプルで落ち着いたデザインになっていて、モダンな雰囲気を演出できます。ヘッドボードも直線的なデザインが特徴的ですね。

2台ならべても使える構造になっています。

跳ね上げタイプだと、大容量で収納できるというメリットだけでなく、2台ならべたときにものを取り出しやすいというメリットもありますね。

このCriteriaは、日本工業規格(JIS)の基準に合格した耐荷重で、150キロの重さに耐えられます。10000回の開閉テストにも合格した、頑丈なつくりになっています。ずり落ち防止の金具がついていますので、マットレスをのせたまま開け閉めができます。

これならいつまでも長く使うことができますね。

ベッドには底板がついていますので、収納する荷物は床に直置きにはなりません。床がちゃんと守られるつくりになっています。

サイズはシングル、セミダブルがありました。

シングル  ⇒幅98cm×奥行き207cm×高さ80cm
セミダブル ⇒幅120cm×奥行き207cm×高さ80cm

ベッドフレームのみ購入する場合は、下記の値段になっていました。

シングル  ⇒55,360
セミダブル ⇒66,880

マットレスもいっしょに購入する場合には、これに1万5千~2万ほどプラスしたお値段になります。

>>Criteriaについて詳しくはこちら

横からオープン!跳ね上げ収納付きベッド「GRANDY」

フランスベッド グランディ 跳ね上げ収納タイプ

こちらの収納付きベッドは、跳ね上げタイプですが、横に開けるタイプになります。

横から開けられると、奥のほうに置いた荷物も取り出しやすいですよね。

ヘッドボードはキャビネットタイプになっていて、スリムで便利な2段棚になっています。

時計や写真立て、フレグランスなど、いろいろな小物を置けるスペースになっていますね。枕元を照らすLED照明もついてます。

サイズは、シングル、セミダブル、ダブルがあります。

シングル  ⇒幅98cm×奥行き209cm×高さ87cm
セミダブル ⇒幅123cm×奥行き202cm×高さ87cm
ダブル   ⇒幅141cm×奥行き202cm×高さ87cm

マットレス込みで、下記のお値段になっていました。

シングル  ⇒188,579
セミダブル ⇒188,579
ダブル   ⇒213,865

>>GRANDY:シングルについて詳しくはこちら

>>GRANDY:セミダブルについて詳しくはこちら

>>GRANDY:ダブルについて詳しくはこちら

すのこで通気性バツグン!引き出し収納付きベッド「LYCKA」

北欧テイスト シングルベッド LYCKA(リュカ) ブラウン 引き出し収納付き

こちらの収納付きベッドは、北欧テイストのナチュラルなデザインで、ベッドの床板がすのこになっているのが特徴です。引き出しは2杯になっていて、本棚、2灯照明、2口コンセントが付いています。

通気性もよく、湿気がこもりにくいですので、布団やマットレス、収納庫が衛生的ですね。組み立ては女性でもできます。

2灯照明になっていますので、枕元、足元をやさしく照らしてくれます。夜中に起きてしまったときでも安心ですね。

サイズはセミシングル、シングル、セミダブル、ダブルがあります。

セミシングル ⇒幅80.5cm×奥行き212cm×高さ75cm
シングル   ⇒幅100.5cm×奥行き212cm×高さ75cm
セミダブル  ⇒幅120.5cm×奥行き212cm×高さ75cm
ダブル    ⇒幅140.5cm×奥行き212cm×高さ75cm

並べて使えるので、セミシングルを2つ並べればクイーンサイズ、シングルを2つ並べればキングサイズになります。

ベッドフレームのみのお値段はつぎのようになっていました。

セミシングル ⇒23,560
シングル   ⇒25,460
セミダブル  ⇒33,060
ダブル    ⇒37,810

マット付きについては、まず下記のリンクからベッドのページに移動してください。

>>LYCKA:セミシングルについて詳しくはこちら

>>LYCKA:シングルについて詳しくはこちら

>>LYCKA:セミダブルについて詳しくはこちら

>>LYCKA:ダブルについて詳しくはこちら

そして、そのページの下のほうを見ると、つぎのような表があります。

ここのお望みのマットの欄のサイズをクリックすれば、それぞれのマット付きの商品ページに移動することができます。

ほかにも収納ベッドを探してみたい方へ...

今回は、通販家具ショップの「家具350」さんと「neruco(ネルコ)」さんがあつかっている収納付きベッドをご紹介しました。

「家具350」さんは、1人暮らしや新婚世代など、年収350万円くらいの世帯のためのお手ごろ家具ショップというコンセプトのショップです。ですので、価格も格安になっていますし、少人数家族でも使いやすい家具もたくさんそろっていて、おすすめの通販家具ショップです。

もうひとつおすすめの収納ベッドをあつかうネットショップとして「neruco(ネルコ)」さんをご紹介しました。

「neruco」さんはベッド・寝具専門の通販ショップですので、いろいろな種類の収納ベッドがそろっています。

ですので、お手ごろのものやシングルからダブルサイズのものを探しているなら「家具350」さんから探し、予算に余裕があって品質のよい収納ベッドを探している場合や、横開き・すのこなどの収納ベッドを探している場合には、「neruco」さんから探すとよいです。

この2つのショップで買えば、収納付きベッド選びで失敗しないと思います。

>>「家具350」の公式ページはこちら!

>>「neruco(ネルコ)」の公式ページはこちら!

ですが、ほかにもまだまだ気になるという方は、下記の記事におすすめの家具ショップをまとめていますので、そこから探してみてもよいかと思います。

>>おしゃれで安い!人気の家具インテリア通販店★一人暮らしもおすすめ

まとめ

収納付きのベッドは、お部屋の空間を有効活用できるとっておきの収納家具です。

いままで押入れにつめこんでいたものを収納付きベッドに収納すれば、押入れスペースを有効活用することだってできます。

ちょうどよい収納付きベッドをみつけて、お部屋の収納に役立ててみてくださいね!